山形県上山市のこんにゃく専門店。営業時間(お買物9:00~17:00、お食事11:00~16:00(L.O.)※、日々蒟蒻(cafe)9:30~16:00)

其の壱「人」

 こんにゃく造りの難しいところは出来映えがすぐにわからないところ。
 あらゆる条件が関わってくるからこそ、なかなかコレという答えにたどり着くことはできません。
 こんにゃくをしっかりとこねられるようになるには、腕一~二年、腰三~四年、腹で練られるようになるまでは五年以上かかるというのが定説になっています。そのために歯や腰を悪くすることも多く、若い人たちも仕事の辛さに挫折する事が多いと言われます。結果、この仕事への情熱がなければ、こまやかな美しさの追求は出来ません。それは、職人の妥協を許さないこんにゃく造りの根底に息づく「こだわり」でもあります。

 こんにゃくは四季によって表情を変えるため、その時々の表情に敏感に反応し、過不足を補ってあげなければなりません。そうした感性と技術で、品質が一定で美味しいこんにゃくを作り上げます。
 また、丹野こんにゃくの商品、こんにゃく番所・日々蒟蒻(cafe)のメニューなど、それぞれの素材に応じてこんにゃく造りをしている、丹野こんにゃくの大元です。

 こんにゃくそのものに”旬”という四季がありません。そのため、料理に仕上げる事で四季を演出してくれます。こんにゃくのクセを捕らえなければならないので難しいのですが、食感や味わいの違うこんにゃくを尚引き立たせるために、味付けなどを日々工夫しています。

 丹野の顔として、笑顔でお客様に直に接し、商品のご説明から丹野ならではのおもてなしをしてくれます。また、お客様からいただいたご意見やアドバイスを製造や調理スタッフへと伝え、よりよいこんにゃくをつくり上げるための、丹野とお客様をつなぐ架け橋です。

商品をお求めの方はこちら

 

 

周辺案内

 

営業カレンダー

PAGETOP
copyright (C) 丹野こんにゃく all rights reserved